履歴書はパソコンで作成してもいいの?

履歴書はパソコンで作成してもいいの?

【履歴書作成は絶対にミスが許されない】

 

 就職活動を経験したことがある多くの方は、履歴書作成の大変さを知っている方が多いのではないでしょうか。

 

 「イメージを良くするためにきれいな字で書かなければいけない」「一言一句間違えられない」と気を引き締めて書いたら逆に普段間違えないようなところで間違えてしまい、何枚もの履歴書を無駄にしてしまった、という経験をお持ちの方は少なくありません。

 

 修正液や訂正印で間違えた部分だけ訂正できればいいのですが、修正した履歴書という物は見た目が悪くなるものです。そのような履歴書を渡されたら、面接官は書いている内容よりも間違えた個所に真っ先に目が向くことでしょう。

 

 なので、仮に一字間違えただけだとしても、一から書き直しをする必要があります。しかしそれはとても大変な事で、あともう少しで履歴書が完成するという所で一字間違えると、時間をかけて丁寧に書いた字なども、全てが台無し。仮にそのような経験を味わった多くの人はこう考えます。

 

「パソコンで履歴書作成ができたらなぁ」確かにパソコンで履歴書作成ができれば非常に作業が効率化することでしょう。字を間違えても、書いていることを修正したいと思った時も、全て書き直すことなく、その箇所だけ修正できます。

 

 しかしそれでもパソコンで作成する人が少ないのは、このような話を度々耳にするからでしょう。「パソコンで履歴書を書くと落ちやすくなる」これは事実なのでしょうか?少し考えてみましょう。

 

 

【実は悪い理由は無い】

 

 昔はまだまだパソコンやワープロという物が当たり前では無く、履歴書は手で書くことで誠意が相手に伝わると言われておりました。

 

 しかし今の時代、書類はパソコンで作成するのが当たり前です。「パソコンで資料を作成したからマナーがなってない、不合格だ」という会社は入社後も、今の時代では理解できないような癖のある風習を押し付けれる可能性が十分にあります。

 

 予め会社の情報をリサーチして、何度も間違えながら必死に手書きで履歴書作成を頑張って入社できたとしても、その風習で苦しんだだけだった、という事になる可能性が十分に考えられます。

 

 むしろパソコンで資料を作成したことを褒めてくれるような会社のほうが、時代の流れをくみ取り、適応力のある良い会社だとも言う事ができるでしょう。

 

 ただ、自分で一からひな形を作成して、それがあまりにもお粗末であるとさすがにマイナスイメージになる事は考えられます。今はネット上で簡単にExcelやWord形式のひな形が手に入るので、それを使って履歴書を作成し、コピー機が無ければUSBなどにデータを入れてコンビニで印刷することもできます。

 

 景気が良くなってきたとはいえ、いつの時代も就活という物は大変なもので、1社2社で決まればまだしも、5社10社と面接を受けるケースも珍しくはありません。只でさえ精神をすり減らすような時期、履歴書作成にまで貴重な時間と精神をすり減らすのは非効率です。

 

 先ほども述べたとおり、履歴書をパソコンで作成したとしてもそれがデメリットとなる理由は殆ど見当たりません。スマートに就活生活を送る為に、パソコンが自宅にあるのなら早速そのパソコンを使って履歴書を作成してみてはいかがでしょうか。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ