就職しないと味わえない事

就職しないと味わえない事

会社は何度も辞めていますし、クビにもなっています。転職回数は20回を超えています。「独立して、社長になれば?」と言われた事もありますし、やればできるのかも知れませんが・・・。やっぱり「会社員」が面白いので、自分は今だにサラリーマンをやっているのだと思います。

 

学生の頃に考えていたのと違い、入ってみると「会社」というのは、かなりテキトーな世界でした。偉そうにしている会社の重役連中も、さほど頭が良いワケでは無い、という事はすぐ判ります。まぁ、はっきり言って「ごっこ」の世界です。

 

(学生を卒業してからの就職なら)
既卒の就職支援サイト
こちらでは既卒者を対象に就活術を公開している。

 

明日にでも私が会社を辞めて「起業」したら、明日から私は「社長」なワケですから、「役職」なんて何の意味もない事は明白です。給料をもらう上で、この「役割」を「演じて」いるのが会社なので、一旦、会社の経営が傾いて、給料の遅配なんて事が起こると・・・。

 

平社員が上司の命令を「聞かなければならない」理由が無くなってしまうワケです。だって、給料、貰ってませんから。役割を演じる「義務」も無いワケです。それでも、皆、なんとなく会社には行って、それまでと同様の役割を、微妙な雰囲気の中で演じ続けるものですけどね。

 

という事で、会社勤めが長いほど、「会社」そのもの、「会社」による自分の評価、すべてに対して懐疑的になります。他人による評価ではなく、結局、自分で自分を「どう評価できるか」が、自分なりの尺度になります。個人的には、

 

 今、給料が出なくなっても、部下は自分の言う事を聞くだろうか?

 

自問自答して、答えが NO である人は、会社に依存して生きているだけだと思います。

 

何かを会社に期待するのではなく、自分の為に会社に行くべきだと思います。どんな状況であれ、自分自身に対しては、必ず得る物があるはずですし、そうやって自分というものができて行くのだと思います。

 

今、私が死ぬのだとしても、あまり後悔はしない気がします。いろいろと大変な目には会いましたが、私の人生は、変な事の連続で、本当に面白かった。自信をもってそう言えるのは、やっぱり自分が、数々の会社を渡り歩いた為だと思っています。

 

唯一、アドバイス的な事を言うのであれば、「面白いから、試しに会社員になってごらん」でしょうかね・・・。



ホーム RSS購読 サイトマップ