ニートが、自信を持って就職活動をしていくためには

ニートが、自信を持って就職活動をしていくためには

 15歳から34歳までの若者で、通学や家事をしないで、就職していない人や就職する意志のない人々のことをニートといいます。社会が複雑化し、長く続いた経済の停滞によって、ブラック企業といわれるような、人を使い捨てにする労働環境も多い中で、ニートは増加傾向にあります。

 

 親世代は、経済が上り坂の時代を無我夢中になって働き、比較的ゆとりのある人々が多く、そのためニートでも生きていける、ある意味過保護な若者が増えているのです。でも、親はいつまでも生きているわけではありません。いずれは、自分の足で社会に歩き出していかないといけないのです。

 

 ニートには、優しくデリケートで、内向的な方が多く存在します。一人でこもっていることが多いのでコミニケーションンや対人スキルに、自信が持てない人々がいるのです。

 

 まずは、感謝されることが多いボランティア活動などから始めて、人と接するスキルや、社会への視野を広げます。そして自信がついたら、次はフリーターを目指します。自分の特性に合った、仕事のしやすい職種を選ぶとよいでしょう。そして働くことになれ、仕事に行くために規則正しい日常が過ごせるようになると就業意欲もわいてくるでしょう。

 

 次のステップとして正社員として定職に就くことを目指します。そのためには、職業技能を身に着け、必要な資格を取得することが大切です。IT系や、介護系の資格を取ると、就職先をあっせんしてくれる専門学校なども多くあります。学費は奨学金やアルバイトなどでまかなえます。

 

【関連情報】
ニートの就職を支援する
ニートから脱出して就職するチャンス!

 

中小企業庁 / The Small and Medium Enterprise Agency

 

 また、政府も、就職支援を強力に行う姿勢を見せています。ハローワークでは、「わかもの支援コーナー」や「わかものハローワーク」などを設置して様々な無料のサービスでフリーターをサポートしようとしています。少しずつステップを踏んで、様々な就職支援を受け、ニートの方も自信を持って就職活動が行えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ