転職回数について明確な理由が必要

転職回数について明確な理由が必要

 転職をすることはキャリアアップにつながるので、自分の成長につながります。また、前の会社で不遇な対応を受けていたため、改善をするために転職をする場合もあります。転職歴があることはデメリットもあれば、メリットもあります。

 

 転職を経験していれば、その分他の職場の経験もしているので、多くの知識や技術の蓄積がされている可能性があります。同じ業種への転職であれば、即戦力となれる力をもっており、同業他社の経験を持っている人は、転職先の企業としてもメリットがあります。企業としては常に改善をして技術を向上させていく必要があります。他社の経験を持っている人は、企業の体質改善や新しい技術の導入などに役立ちます。

 

 転職歴があることはメリットとなる場合もあれば、デメリットもあります。転職回数が多い場合は印象を悪くする場合があります。特に短期間で退職をしてしまう人は、忍耐力が足りなかったり、会社への対応力を疑われます。転職回数については、面接で聞かれる場合もあります。回数が多い場合には明確な理由が必要です。

 

 面接官を納得させることができる答えを準備しておく必要があります。理由がしっかりとしていれば、転職回数が多いこともアピールにつなげて伝えることも可能です。

 

【特集ページ】
38歳の転職を成功させるノウハウ
38歳で転職を考えている方を支援します!

 

全労連:全労連・労働相談ホットライン

 

 

 前の会社に対して不満な点があり辞めてしまった場合でも、本当に改善の余地がなかったのか気になるところです。会社に対して不満があってすぐに辞めてしまったのではなく、改善を試みたものの叶わなかったという方向にもっていったほうが良いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ